トップ / 交通事故に遭ったら弁護士に相談

交通事故を予防する

交通事故に遭ったら弁護士に相談

事故を弁護士に相談するメリット

近年、交通事故の発生件数は減少しています。とはいえ、全国で例年約10万件もの交通事故が発生していることも事実。事故の被害者となる可能性は、誰にとっても高いといえるでしょう。

では、もし交通事故の被害者となってしまったら、どのような行動を起こせばよいのでしょうか。加害者側なら、慰謝料などの交渉を保険会社に丸投げすることができます。しかし、被害者はその保険会社に個人で対応しなければなりません。交通事故で怪我をした状態での保険会社とのやりとりは、思いのほかストレスが溜まるものです。また、怪我で精神的に疲れていると、保険会社にいわれるがままに不利な条件で示談を承諾してしまうかもしれません。

こうしたデメリットを回避するには、事故後の対応について弁護士に相談することが一番です。弁護士が保険会社との間に介入することで示談交渉のストレスは大きく軽減されますし、示談金で損をする可能性もなくなります。

「弁護士を雇うと高額な費用がかかるのでは」と心配される方もおられるでしょう。確かに、弁護士を雇うにはある程度の費用が必要です。しかし、弁護士の力添えによって費用以上のメリットを得られる可能性があります。というのも、弁護士が交渉を行うことで、損害賠償や慰謝料が大幅に増額されるケースがあるのです。ほとんどの場合、保険会社は独自の基準で慰謝料などを見積もって交渉に臨みます。これに対して弁護士が交渉時に提示するのは、裁判所の基準を元にした慰謝料や損害賠償額。両者を比べると、弁護士が提示する金額のほうが2倍以上高くなる場合があります。

このような差ができるのは、保険会社が示談金を安く見積もっているためです。しかし先に述べたとおり、弁護士は裁判所の基準で示談金を算出します。裁判になれば、どちらが勝つかは一目瞭然ですね。示談金が2倍以上になれば、弁護士費用を支払っても十分なおつりが出る可能性大です。

このほか法的な主張ができることも、弁護士に相談することで得られるメリットのひとつ。弁護士は警察から事故に関する資料を取り寄せる権利を持っています。つまり、法的に正確なデータから被害者に有利な点を探すことができるのです。資料を検証した結果、過失割合が変わる場合もあるでしょう。

以上のように、弁護士を頼ることで交通事故被害者が得られるメリットはたくさんあります。もし事故の被害者になってしまったら、早い段階で弁護士に相談しましょう。