トップ / 交通事故が起こりやすい時間帯

交通事故を予防する

交通事故が起こりやすい時間帯

頭に入れたい事故と時間帯の関係

交通事故が起こる確率は、時間帯によって大きく異なります。事故の起こりやすい時間帯には、特に運転に注意するべきです。交通事故が起こりやすい時間帯とは、午前8時から10時ごろにかけての2時間と、午後16時から20時にかけての4時間です。交通事故は、多くの人が出勤する朝と、帰宅する夕方から夜の時間帯に多発しているのです。

朝は車の台数が増加するだけでなく、出勤時間に間に合わせようと焦って車を運転するドライバーが増えます。気が焦れば集中力が低下し、結果的に事故を起こす確率が高まることは想像に難しくないでしょう。出勤に車を使うなら、時間に余裕をもって家を出ることが肝要です。

他方、夕方や夜は疲れからくる居眠りが原因で交通事故を起こすドライバーが多くなります。また視認性が著しく低下するのも、夕方以降の時間帯の怖いところ。夕暮れどきは道路や歩行者、標識など視界に入るもののコントラストが低下します。つまり、視界全体の明暗差がなくなり、危険を察知しにくくなるのです。

こうした状況で交通事故を防ぐには、早めにヘッドライトを点灯することが一番。歩行者や自転車に、車の存在を知らせるように心がけましょう。夜になり完全に周囲が暗くなってしまえば、街灯やヘッドライトの光で歩行者を見つけやすくなります。夕暮れ時よりは、運転もしやくなるでしょう。ただ、無灯火の自転車や黒い服を着た歩行者は、ヘッドライトを点灯させていても発見しにくいかもしれません。夜は死亡事故の割合が圧倒的に増える時間帯でもあります。歩行者の見落としには十分注意して運転してください。

なお、一週間のうち金曜日などの週末には特に事故が起きやすいという考えもあるようです。しかし、実際の交通事故件数に曜日ごとの大きな差はありません。「土日はサンデードライバーが増えるから事故率が上がる」とする考えもありますが、これを肯定するデータもないのが現状です。

近年発売されている車は安全機能が発達しているため、運転が未熟なサンデードライバーによる事故は減っているのかもしれません。とはいえ、テクノロジーが交通事故をゼロにできていないことも事実。車の安全機能やドライバーの腕に関係なく、車を運転する限りは交通事故の回避に気を配るようにしましょう。