トップ / 交通事故を起こしやすい人って?

交通事故を予防する

交通事故を起こしやすい人って?

交通事故を起こしやすい人の特徴

一般道での車の運転に向いていない人とは、どんな人物でしょうか。交通事故を起こしやすい人は、まず運転に向いていないといえるでしょう。何度も交通事故を起こしているのなら、たとえその人がF1レーサーでも一般道での車の運転には不向きです。実際に、著名なプロのレーサーも交通事故を起こしています。プロのトラック運転手などもまた然り。なぜ、一般のドライバーより運転が上手なはずのレーサーや、プロのドライバーが事故を起こしてしまうのでしょうか。もしかすると、その原因は性格にあるかもしれません。

交通事故を起こしやすい人の性格には特徴があります。たとえば、すぐにイライラする人や怒りっぽい人。こうした性格の人は運転中に冷静さを欠き、結果的に事故を起こす可能性があります。ほかのドライバーの運転にイライラして、車間距離を詰め過ぎたり無理に追い越したりする人は要注意。こうした運転は大きな事故を招く危険性大です。

怒りっぽい人と同様に、目立ちたがりの人や故意に危険な運転をする人も交通事故を起こしやすい人物といえます。青信号になった途端に急加速をしたり、交差点を猛スピードで走り抜けたりといった運転は人目を引くかもしれません。しかし、こうした行為は同時に事故も引き寄せます。目立ちたがりで、かつ運転に自信のある人は特に注意が必要です。その過信が重大な事故を招く場合があります。「自分は事故を起こさない」という思い込みが一番危険なのです。

このほか、いい加減な性格の人や神経質な人も、事故を起こしやすい傾向にあります。いろいろとあげましたが、これらの性格は決して特殊なものではありません。とはいえ、もし自身に当てはまるものがあるなら、運転について少し見なおしたほうがよいでしょう。性格は変えろといわれて変えられるものではありませんね。しかし、自分の性格の傾向を知ることで、運転を変えることはできます。車に乗車した後に、毎回自分の運転を振り返ってみてください。もし運転についての反省点が見つかれば、次に同じような場面に出くわしたときに冷静な対処ができるはずです。性格はあくまであなたの一面でしかありません。客観的に自分を見つめる視点をもって、安全運転に努めましょう。