トップ

交通事故を予防する

交通事故が多い場所とは

身近な事故が起こりやすい場所

交通事故を起こそうと思って車を運転する人は、まずほとんどいません。にも関わらず、毎日のように交通事故は起こっています。日常的に車を運転するドライバーの中には、「いつかは自分も事故を起こすのではないだろうか」と、不安を抱いている方もおられるのではないでしょうか。

交通事故の相談ならこちら。

どんなに運転の上手なドライバーでも、交通事故を起こす可能性はあります。しかし、心がけ次第で事故率を低減させられることもまた事実。たとえば、交通事故が起こりやすい場所に注意するだけでも、事故を遠ざけられるものです。

交通事故が起こりやすい場所は、いくつかあげられます。スピードが出やすい道路はその中のひとつ。バイパスなどの道幅が広い道路はスピードが出やすく、交通事故を起こす可能性が高くなります。なぜならば、車はスピードが出るほどにコントロールしにくくなるからです。スピードが出ている状態では、前方車両の急ブレーキなどへの対応が難しくなります。特に雨の日は要注意。濡れた路面でスリップして、車がコントロール不能になる可能性があります。

以上のように車のスピードは交通事故の原因の一つとなりますが、スピードが出ていなければ事故が起きないというわけではありません。たとえば、スピードを落とすことの多い交差点でも交通事故は多発しています。左折時の歩行者の巻き込みや右折時のサンキュー事故などは、交差点で起こる事故の代表といえるでしょう。サンキュー事故とは、「対向車に道をゆずってもらい右折したところ、対向車の左側を抜けて直進してきたバイクと衝突した」といった感じの交通事故です。交差点は、あらゆる道路の中でも最も交通事故が起こりやすい場所なので十分注意して運転しましょう。

このほかに走行に注意を要する場所としては、見通しの悪い生活道路があげられます。勾配のきつい上り坂やカーブの多い道路では、前方を見通して走れません。また、見通しのよい住宅街でも、自転車が路地から飛び出してくる場合があります。公園近くの道も、子供の飛び出しに要注意です。車道に完ぺきに安全な場所はありません。ここであげた場所に限らず、運転には常に細心の注意を払いましょう。